Kin'z

輸入車メンテナンス・販売 カインズ

電話番号
055-269-7870
営業時間:
AM9:00~PM6:00
定休日:
火曜日・祝日
  1. トップページ > 
  2. メンテナンスの実績 > 
  3. VW ポロ 9N型 劣化したブッシュの交換

VW ポロ 9N型 劣化したブッシュの交換

2018.02.28

VW ポロ 9N型

車両データ

VW ポロ 9N型
平成20年

 

状況確認

ブレーキを踏んだ時や段差がある時に、以前より振動が大きくなった気がするということでお問い合わせいただきました。
早速試乗して症状を確認します。
確かに振動を感じます。

車を持ち上げ、ブッシュなどの劣化を点検

こういう症状は、大体原因は見当がつきます。
車を持ち上げ、ブッシュなどの劣化を点検していくと、両側ロアアームのブッシュが劣化し、中のゴムがちぎれていました。
この症状は、ブッシュを交換することで解消できます。

劣化したブッシュ

ロアアームは、車体とタイヤをつなぐ役割を担っています。
前後・左右・上下とあらゆる方向の振動を受け止めているのですが、ロアアーム自体は金属製で、衝撃を吸収しているのはゴム製のブッシュという部品になります。
ゴム製ですので、経年劣化は避けられません。
今回のように、振動が大きくなったり、タイヤの挙動がおかしくなったりといった症状が表れてきたら、すぐに交換することが重要です。

作業工程

ロアアームの〇印の部分にブッシュが入っています。
これを外すためにはロメンバーごと外さなければいけないので、結構大掛かりな作業となります。

〇印の部分がブッシュ

 

外したところ。
ゴム部分が完全にちぎれていることが分かります。

ロアアームからブッシュを外したところ

プレスを使い、ブッシュを押し出します。

プレスを使い、ブッシュを押し出す

新品は、ブッシュの劣化対策が施されているようで、しっかりした作りになっています。

新品のブッシュ

交換後、試乗を行います。
段差を越えてもブレーキを踏んでも、イメージ通り挙動するようになりました。
これで安心してお乗りいただけます。

この年式のフォルクスワーゲンは、ほとんどの車種でロアアームのブッシュが劣化します。
放置しておくと事故につながってしまう可能性もあるので、「振動が大きくなった」「今までと違う音がする」などの変化に気が付いたら、お早めにご来店ください。

【担当:小澤】

お問い合わせ