Kin'z

輸入車メンテナンス・販売 カインズ

電話番号
055-269-7870
営業時間:
AM9:00~PM6:00
定休日:
火曜日・祝日
  1. トップページ > 
  2. メンテナンスの実績 > 
  3. 3rdレンジローバー 水漏れ修理

3rdレンジローバー 水漏れ修理

2018.06.04

入庫された3rdレンジローバー

車両データ

レンジローバー
2007年9月
走行距離54,260km

状況確認

今回は「3rdレンジ」です、2002年に発売されたモデルの修理依頼です。
「車を停めておくと、地面に水の跡があるので点検してほしい」というご要望でした。

確認すると、エンジンとミッションの間あたりから水漏れの跡があります。
エンジンオイルもこのあたりからの漏れの跡が多いのですが、今回はクーラントだと直ぐにわかりました。
エンジンとミッションの間あたりから水漏れ

まずはエンジンルームを確認すると目立つ漏れはないため、V型エンジン特有のバンク内部の漏れを点検します。
早速インテークマニホールドを外し、バンク内の漏れを確認します。

インテークマニホールドを外し、漏れの場所を確認

インテークマニホールドを外し、漏れの場所を確認

取り外すと、やはり中央のウォータージャケットのガスケットより水漏れを発見しました。

故障部分概要

ウォータージャケット(water jacket)とは、シリンダーの周囲に設けられた冷却水の通路のことを指します。
燃焼室で発生した熱に対して、ウォータージャケット内を通過する冷却水によって過熱を防止する仕組み。
ウォータージャケットはいわゆる水路をイメージすれば間違いないですが、バンク内の熱がこもるため、よく不具合が起こります。

作業内容

今回は、このウォータージャケットを密封してくれるガスケット部分からの水漏れでした。
この状態ですと、ウォータージャケット、ウォーターパイプOリングの交換が必要です。
ウォータージャケット新品

Oリング新品

交換後、水漏れがないか確認し、納車となりました。

同型車ユーザー様へのアドバイス

3rdレンジローバーには必ずある不具合なので、定期的な点検をお勧めします。

【担当:長坂】

お問い合わせ