Kin'z

輸入車メンテナンス・販売 カインズ

電話番号
055-269-7870
営業時間:
AM9:00~PM6:00
定休日:
火曜日・祝日
  1. トップページ > 
  2. メンテナンスの実績 > 
  3. BMWミニ チェーンたるみの解消

BMWミニ チェーンたるみの解消

2018.10.18

BMWミニ

車両データ

BMWミニ
平成19年4月
92,845km

状況確認

エンジンの調子が悪く、チェックランプが点灯したということで入庫されました。

テスターの故障コード

早速テスターで調べてみると、「283D」「2865」「2B68」の故障コードが確認できます。
いずれもBMWの可変バルブ機構「VANOS」の関係です。
まず、テスターで可変バルブの学習をリセットし、再度テスターと通信して学習させてみました。

テスターで通信し学習させた結果

すると、インテーク側の噛むの開度は規定値に入っているのですが、エキゾースト側は規定値外になっています。
バルブタイミングのズレやVANOSソレノイドバルブの不良、油路のつまりなどが考えられます。

お客さまはとにかく修理費用を抑えたいというご希望でしたので、ヘッドカバーを開けてタイミングを見る前に、まずは簡単に交換できて安価な部品を交換することにしました。
タイミングチェーンテンショナーとVANOSソレノイドバルブは外から簡単に交換できるので、外して油路を清掃し、部品交換を行いました。

新旧VANOSソレノイドバルブ

ですが、症状は変わりません。
となるとやはりバルブタイミングのズレが考えられるので、ヘッドカバーを開けて確認することにします。

特殊工具

 

エキゾースト側にズレ

この年式のミニは特殊な工具が無ければタイミングの確認ができません。
その工具を使いタイミングを見ていくと、やはりエキゾースト側がズレていました。

チェーンのたるみ

正しい位置にカムが来ると、この通りチェーンがたるんでいるのが分かります。
相当なズレになっています。
チェーンもかなり伸びているので、チェーン交換とバルブタイミングの調整で解決します。

ガイドの破損

チェーンはガイドと一緒に取り外しとなりますが、外してみるとガイドの一部が欠けていました。
チェーンが伸びて暴れたのが原因かと思われます。

新旧パーツ

新旧パーツ

ガイドとチェーンを取り付け

クランクのスプロケットとガイドをチェーンに組んだ状態で入れていきます。

組み付けてタイミングの調整を行い、作業終了です。

再学習の結果

エンジンをかけて学習させると、インテーク側もエキゾースト側も規定値に入っています。
試乗すると抜群に調子がよくなりました。

再発防止のアドバイス

こういった故障のほとんどはオイル管理ができていないことが原因となります。
メーカーでは15,000kmごとに、または6ヶ月ごとに交換することが推奨されていますが、やはりもっと早めに交換するに越したことはありません。
こまめなオイル交換を行い、大きな故障を予防するようにしましょう。

お問い合わせ